健康食品と医薬品

日本人として、健康への関心がないという人はいないでしょう。
様々な健康食品がうまれ、インターネットなどでも高い関心を集めています。
しかし、健康食品を医薬品と勘違いしている人も少なくありません。

人間が経口摂取できるものということを考えた場合、食品と医薬品に分けることができるでしょう。
これは大雑把な分け方と感じるかもしれません、医薬品には医薬部外品も含まれますし、食品には健康食品も含まれています。
ほぼ間違いなく、この2つに分けることができるのです。

この健康食品の中には、機能などを表示してよいと国が許可している特定保健用食品と栄養機能食品の総称である保健機能食品と表示が許可されていない健康食品に分けることができるのです。
この分類は、健康増進法と呼ばれる法律で定められているため、はっきりとしています。
ところが健康食品に該当するものには、いろいろなものがありますが、法律的に定義されていないのです。

これに比べ医薬品は、病気の診断や治療などに使われるもので、有効性や安全性に関して審査されているものになります。
そのうえ、承認を受けていなければ医薬品と認められず、販売にも許可がなければ行えない違いがあるのです。

これも大雑把な分け方でしかありません。
この違いだけで、2つの違いがはっきりする人も少ないでしょう。
ですが、非常に大きな違いを持っていますので、健康でいるためにも、はっきりと違いを考えてみませんか。